反骨誠心

百の足跡より、一の爪痕を残せ

反骨誠心【セルフライナーノーツ】

1st Card Album【反骨誠心】
音楽:反骨P
挿絵:めらのれうか【@meranoreuka】
仕様:SONOCA(スマホ用音楽カード)
音源:FLACハイレゾ)&MP3
曲数:全9曲+Bonus track1曲
DL期限:2020/4/8
価格:¥1,500

 

反骨誠心【流ルハ気骨ト真心ノ血】
「いつか周りを見返してやりたい」という気骨。「応援してくれる声に応えたい」真心。まるで、血液のように、命絶えるまで流れる。
反骨Pの自由気ままな楽曲、めらのれうかさんの柔らかくも色映えしたイラストと共に、気軽に聴いていただければ、と。

 

f:id:hankotsu_7cb:20170414220358j:plain

 

1.つなぎとめ【じょうり(情理)】
言葉は脆い。嘘、綾、解釈等々。簡単にすり替えがきいてしまう。喜び、悲しみ、怒り諸々。言葉と記憶が連結して、情を酌んだり、危機の一歩手前で踏み止まれたり。
もし、感情を失くしたら、言葉を喋るだけのロボットと化して、そのうち壊れてしまうだろう。

 

2.アマザラシ【反骨心】
雨に濡れながら、歩く生物。通りすがりの人間は「止まない雨はない」と言って去る。そんなの要らない。心のどこかで「哀れなヤツ」と笑っているから。
そこに、寄り添う人間がひとり。
「つらいなか、よく耐えてたね」
ずっと、堪えてた悔し涙が、雨に紛れて滴り落ちた。

 

3.凡才の逆襲歌【大番狂わせ】
「馬鹿と天才は紙一重」
自然と凡才は、除外されている。面白くない。こっちにだって、意地とプライドがある。
「這い上がってやる」
たとえ、今は底辺にいようが。泥臭さを「かっこ悪い」と鼻で笑った奴らをギャフンと言わせてやるんだ!

 

4.ハコニワ【同調圧力
箱の中は、いつでも窮屈で息苦しい。そこに耐えられなくなった者は、内を突き破り、外で暴れだす。
でも、外を見向く者は、誰もいない。明日は我が身。外に放り出されたくないから、舐める必要のない傷を舐めるのだ。

 


【鏡音V4X生誕祭2016】ハコニワ【リンレンオリジナル曲】

 

5.不器用な間柄【荒削りな信頼】
付き合いが長いわりには、どこかぎこちない。でも、そのぎこちなさが、強かな信頼を作ってくれた。未だに、荒削りのままだけど。
また、どこかで語りあいたい。唯一、曲作りを始めることを肯定してくれたあいつに、少しの懺悔とたくさんの感謝を。

 

6.君と…【境遇】
傷跡の場所は同じでも、深さと痛みは別物。それを分かちあえる理解者がいてくれたら、どんなに楽だろう?
この物語を基に作った楽曲を、快く承諾してくださったヨシサトさんに感謝致します。

www.pixiv.net

 

7.バカやろう!【憎まれっ子】
好かれたいだけの「いい子」なんて、もうやめた。なにが「まともな人生」だ。
世間体で「嫌われ者」と言われようが、喜劇のヒーローやるくらいの度胸がなきゃ、人生楽しくなくなっちゃうよ?

 


【鏡音レンV4X】バカやろう!【オリジナル曲】

 

8.テガキビト【描く想い】
打ち込んだ文字は、どこか味気ない。普段、手帳に詞を書き込んでいるせいか、そう感じるのだろう。
音符に乗せられなかった言葉は、どこかで生きている。それをまた拾って、新しい形として息吹かせるのが、楽師としての使命なのかもしれない。

 

9.つぎはぎ少年【成り上がり】
楽曲に関する記憶が覚束ない。退くか退かないかの覚悟で作ってたせいだろうか?
それでも、今は退く気すらない。傷だらけでも、なんとかやり抜いた。この曲がなかったら、今作の誕生は、有り得なかった。

 


【鏡音レンV4X】つぎはぎ少年【オリジナル曲】

 

あとがき
目に見えるものは、ため息の連続。正直、生きるのが嫌になる。でも、温かな人間味を目の当たりにすると「まだまだ、捨てたもんじゃないな」と救われる。
また、次に向けて、青い手帳と青いボールペンと共に、新たな言葉を刻んでいこう。最期まで、100になるまで、ずっと。

 

反骨P

バカヤロー!な新曲と1周年


【鏡音レンV4X】バカやろう!【オリジナル曲】

深夜に投稿した新曲。

「反骨P」名義になってから、1年経ったので、

思い切って、バカやりました。

イラストが一切ない楽曲動画など、

普通はやりませんが、

5日前くらいに、思い立ってやってみようと

実行したわけです。

(楽しいのは本人だけですが)

 

こんなこと、やってて、

アルバムは大丈夫かと。

大丈夫。動画作る前から、

準備は既に整ってます。

 

相変わらず、バカヤロー!な楽師ですが、

マイペースで突っ走っていきます。

 

 

 

反骨P

一区切り。でも、終わりじゃない。

アルバムに収録する曲が全部完成した

終わりではなく、一区切り

ここから、チェック諸々しなきゃ、商品として出せないので

1ヶ月をメドにやっていく

終点に辿り着いたら、また報告します

 

で、今週、コミティアに一般で行ってくる予定

去年の冬に、初めて行って、ハマってしまいました

普段は、ボカロ系のイベントかコミケしか参加しないのと

コミティアは、一次創作オンリーなので

二次創作を見慣れている身としては、新鮮そのもの

ふらっと立ち寄ったスペースが、自らの好みにストライクだった時の快感

たまらないですし、創作感覚の新たな刺激も貰えます

 

いつも参加しているイベントで

顔なじみの人たちとワイワイするのも楽しいですが

そればっかりだと、感覚とか考え方が偏るので、

いつもとは違うフィールドに出向く

楽しみなものです

 

その前に、近くでやってる、あんスタオンリーが優先

(目当ての新刊GETするための諸々…)

折角だし、一度は行ってみたいとは思ってたので

足が動く限り、行ってきます